ゴーストZラティアス

こんにちは、のこむと申します。


S3で使用していたラティアスの紹介です。2000超えたらパーティごと紹介するつもりだったのですが1900止まりとなってしまったので単体考察です。この型自体はとても強いと思うので参考になれば幸いです!

f:id:nokonoko-apollo-11:20170516181330j:plain


・構成
ラティアス@ゴーストZ
159(28)-×-111(4)-160(236)-155(36)-171(204)
技:サイコキネシス/シャドーボール/めいそう/自己再生

・調整先
H:16n-1
B:余り
C:ゴーストZで無振りテテフを最高乱数切り1発、1瞑想ゴーストZでH252ギルガルド確定1発
D:カプテテフのC補正ムーンフォース耐え
S:最速ウツロイド抜き

・調整経緯
前シーズンでラティアスを使用した際にギルガルドを無限にあと投げさり、カプテテフと対面し無残に飛ばされたためこの両方に勝てる可能性の高いゴーストZに着目したところからスタート。テテフのムーンフォースを耐えるためには多少耐久に振る必要があったが、火力も落とせなかったためSを削った結果この様な型になった。


・使用感
本来苦手なカプテテフに対面から勝てるのが非常に強い。スカーフムンフォでCを下げられるか耐久振りの眼鏡以外には勝てるため対テテフ性能は非常に高いと言える。またラティアスを後出しギルガルドメタグロスで見ているパーティには瞑想を積む事でeasy winが可能になる。また今期増えたリザYやコケコを起点にすることが可能である。ブルルドヒドイデにも強い点もgood。ただ龍技を切っているためマンダに起点にされる可能性があるので注意が必要である。本来不利なポケモンに勝てることと瞑想型の積ませ性能によって素晴らしい活躍をしてくれた。ラティアスというポケモンは非常に有利不利がはっきりしているポケモンなので不意をつけるこの型は非常に強いと感じた。パーティさえ良ければ十分に2000に行けると思う。


・主な苦手な相手
有効打もなくおいうちされるので相手にいたら極力出さない方が良い

◯メガハッサム
何もできません。サイクル回されて不利を取るので選出しないのが吉

皮さえなければゴーストZで勝てるがほぼ無理

悪波があったり、玉持ってたら瞑想が間に合わないので無理。

無限に竜舞されるので逃げましょう

無限に蝶舞されるので逃げましょう


・あとがたり
とても型には自信があったのですがパーティ構築力がなくて2000に乗せて上げられなかったのが心残りです。ですがとても面白いポケモンだと思うので参考になれば幸いです。



ラティアス調整案

こんにちは、のこむと申します。

S2の時に最高1980を達成した時に使っていたラティアスですが時代について行けなくなったのでメモがわりに公開しようと思います。

f:id:nokonoko-apollo-11:20170405172448p:plain

・詳細

ラティアス@弱点保険

175(156)-×-110-143(100)-150-178(252)

技:サイコキネシス/れいとうビーム/10万ボルト/自己再生

調整先は

Sは準速マンダを抜きたかったため最速

Bはいじマンダの捨て身を確定耐え、1舞ギャラの氷の牙確定耐え

Cは無振りバシャーモを確定1発、弱点保険発動後にカプコケコを確定1発

Dはテテフのムンフォを確定耐え

とした。

このように振るとちょうどHが16n-1、Cが11nになりとても見栄えが良くなる。

技は安定した打点としてのサイコキネシスランドロスガブリアスなどへの遂行技のれいとうビーム、レヒレとギャラへの打点として10万ボルト、タイマン性能を上げるための自己再生とした。一時期ウルガモスが増えた時に起点回避の為にキネシスをショックに変えていたこともあったがコケコが弱点保険が発動しても落とせなくなってしまうのでキネシスに戻した。

・主な対面と行動

vs.レボルト、サンダー

めざパを吸うために積極的にあと投げ

れいとうビームでわからせる

vs.メガボーマンダ

役割対象なのでれいとうビーム。最速流星もちは知りません。

vs.ランドロス

スカーフ以外なら上かられいとうビームで処理。スカーフでも蜻蛉しか打たれないので弱保発動から後続へ負荷をかけられるため美味しい。

vs.ゲッコウガ

初手対面でよく起こる。悪波もちが少なかったのでドヤ顔でサイコキネシスを打っていた。9割くらい成功した。

vs.カプコケコ

役割対象です。弱保サイキネで分からせます。フェアリーZは事故です。

vs.カプレヒレ

ムンフォでCダウンを引かないことを祈りつつ10万ボルト。Cダウンを引きまくって何度も涙した。

vs.メガギャラ

2舞されなければ勝てる。たまにメガ進化してこない場合があり美味しい。噛み砕くは知りません。

vs.メガゲンガー

シャドボを耐えてサイキネで返り討ち。催眠術は避けましょう。

vs.ミミッキュギルガルド

諦めましょう

・総評

シーズン序盤は読まれないこともあって大活躍したが、テテフやミミッキュの増加やそれに伴う鋼の増加、かみくだくギャラの増加などにより後半は完全にお荷物となってしまった。もう少し活躍させてあげたかった....

次こそ目指せラティアス入り2000!

祝レート2000達成

・前書き

初めまして、のこむと申します。初めてレート2000を達成出来たので記念に構築記事を書いてみました。初めてで拙い文章ですがご容赦くださいm(_ _)m。
読んで何かの参考になれば幸いです。


・構築経緯
バンク解禁したしリザードンXを軸としたパーティを組みたいということでスタート。その他は全く決めていなかったので流行りのポケモンの対策をメインにパーティを組んでいった。その結果、z技でサイクルを崩し、リザードンで詰めていく積みサイクルの構築になった。詳しいメタなどは個別に書いておきます。

f:id:nokonoko-apollo-11:20170322004240p:plain



・パーティ個別紹介
153-200(252)-132(4)-×-105-152(252)

思考停止いじっぱASぶっぱ。積みサイクルのエースとして運用。環境に多かったレヒレやギャラに対する打点としてかみなりパンチを採用した。陽気の方が良かった場面もあったがそこまで同速対決することもなかったので気にならなかった。やはり火力は正義。だがステロを撒かれると非常に弱いため撒かれると何もできずに死ぬことも多々あった
。選出率3位


167(252)-107(220)-170-×-170-85(36)

今構築のMVP。テテフに対する引き先として安定し、なおかつどんな型であっても一撃で倒せるということで物理型で使用することにした。z技にはガルーラやギャラドスにも通り範囲の取れるイワzを採用。同速を考え大抵のアシレーヌポリゴン2を抜けるようにSに努力値を多めにさいた。z技のサイクル崩し性能に加え、剣舞かげうちにより終盤のお掃除もできる万能のポケモン。もちろん選出率1位。

191(204)-×-150(252)-147(12)-111(4)-125(36)
技:ボルトチェンジ/めざめるパワー氷/ねっぷう/はねやすめ

古き良きゴツメサンダー。一部ではオワコンとも言われているが十分強いと感じた。ナットレイテッカグヤハッサムに無限に後出しが可能で、ボルチェンでサイクルを、回せるため潤滑油として重宝した。めざめるパワー氷はガブの処理速度を上げるために採用した。終盤増えたガルーラに対し、ゴツメでスリップダメージをかなり稼げる点も偉い。ガルーラの弱体化によりレンチを二耐えできるようになったのも大きい。選出率2位。

147-112(12)-87-155(252)-81-190(244)

流行りのバンドリやウルガモスリザードンなどの積みポケの対策として作ったポケモン。Sは最速1舞マンダ抜きとし、Cは無振りドリュウズを確定1発に持っていくためにぶっぱとした。Aは雪崩で無振りリザードンXが確2になるくらいの火力。基本的にストッパーとしての運用だったため火力不足は気にならなかった。しかしスカーフは出せる相手が限られるため選出率は低めとなった。選出率6位。

157(92)-×-136(4)-161(252)-151(4)-125(156)

調整は某育成論から拝借した。もともとアシレーヌを使っていたが、イカサマポリ2が重かったためレヒレに変更した。耐久にほとんど努力値を割いていないため受けだしをしにくく、もう少し改善の余地があると感じた。選出率は5位。

185-187(252)-81(4)-×-85-140(252)
技:アイアンヘッド/じしん/がんせきふうじ/ステルスロック

積みサイクルの天敵であるミミッキュ対策。最速にすればスカーフでなくても準速ミミッキュが抜けるのでステロ撒きやストッパーとしても使えるタスキにした。環境にミミッキュがめちゃくちゃいたので結構活躍してくれた。選出率4位。


・あとがき
初めてレート2000を達成でき、とても充実したS2になりました。2000を超えてからは溶かすのが怖くて潜れなかったけどもう少しこのパーティの可能性を試してみたかったような気もします。でも2000という結果を出せただけで大満足だしとても楽しいシーズンでした。
対戦してくださった皆様ありがとうございました!次はレート2100を目指して頑張っていければいいなと思います。






早くメガミミロップを使えるようになってほしいなぁ、、、