のこのこアイランド

思いついたポケモンの型とか構築とかを載せてきます。 質問は@nokomu6_pokeまでどうぞ

【単体考察】半分回復実ギルガルド

こんにちは、のーこむんです。


今回はS8で使っていたギルガルドの単体考察となります。簡易的な記事になりますが参考になれば幸いです。

f:id:nokonoko-apollo-11:20180313151636p:plain


・構成
ギルガルド@フィラの実

性格:なまいき

技:シャドーボール/キングシールド/かげうち/どくどく

努力値:H252,,C76,D180

実数値:
シールド時
167-70-170-80-212-×
ブレード時
167-170-70-180-112-×


・調整先
H:ぶっぱ
C:余り
D:アーゴヨンの悪巧み大文字確定耐え


・調整意図
後出しでアーゴヨンに勝てるように努力値を配分。またカプテテフ絡みのサイクルに強く出るために最低限の特殊耐久をもたせつつ残りをCに振った。


・きのみを持たせることによるメリット
①きのみ発動で仮想敵+αの仕事が期待できる。
例:テテフの相手をしながら回復し裏のポケモンに毒を入れる。

②じめんタイプに居座って毒を撃つ選択が取れる。択負けしじしんを撃たれてもきのみが発動するため最低限の仕事ができる

③受けだしで持ち物が発動しないためどくどくが読まれにくい。またZを匂わせることもできる。



・仮想敵
◯対テテフ
カプテテフ絡みのサイクルに非常に強く出れる。臆病テテフならばサイキネ+シャドボ2回を耐えつつきのみを発動。耐久振りメガネならサイキネを3耐えしつつきのみを発動できる。

ステロや砂ダメ込みでシャドボ+かげうちで無振りアーゴヨンは確定で倒せるので後出しが安定する。
HPがMAXならブレード時でも大文字を耐えるため強気に出られる。
パーティ全体でスリップダメを与えることを意識すればほぼ負けない。

火力に振っていればアイへ+地震できのみが発動するので後出しが比較的安定する。

◯対電気(コケコ、ミトムなど)
後出しからだいたい処理が可能。HDに振っているため、ダメージを抑えられ、なおかつきのみが発動しやすいところもgood!



・主なデメリット
①瞬間火力がない。

②ガルドはHPが低いため絶妙にきのみが発動しないことが多い。

③グライ、ドラン、カグヤに何もできない。



・あとがたり
かなり使いやすかったです。特にテテフ軸への強さと地面相手に強気に択を迫れるのが魅力でした。

きのみガルドはまだまだ調整の価値があると思うので興味を持っていただけたなら幸いです!


金銀ライバルパーティ

こんにちは、のーこむんです。


今回は金銀でライバルパーティです。

ポケモンの調整と選出について簡単に書いておきます。


気分転換などで使ってもらえたら嬉しいです^ ^

f:id:nokonoko-apollo-11:20180217171055j:plain


・パーティ解説

◯ニューラ@ひかりのねんど

性格:ようき


特性:するどいめ


技:ねこだまし/こおりのつぶて/はたき落とす/リフレクター

実数値:131(4)-147(252)-75-×-95-183(252)

調整:ASぶっぱ、余りH


マニューラになれなかった悲しい子。
ほとんど出せません。
 


クロバット@ヒコウZ
性格:ようき

特性:すりぬけ

技:ブレイブバード/クロスポイズン/よこどり/どくどく

実数値:161(4)-142(252)-100-×-100-200(252)

調整:ASぶっぱ、余りH


受けサイクルを崩せるかもしれない駒。最後のスイーパーとしても使うが圧倒的に種族値が足らない。



レアコイル@ハガネZ
性格:おくびょう

特性:がんじょう

技:ラスターカノン/エレキネット/だいばくはつ/じゅうりょく

実数値:125-×-115-172(252)-91(4)-134(252)

調整:CSぶっぱ、のこりD


この構築の始動要員①

エレキネットを打てば130属まで抜けるのでじゅうりょく展開→だいばくはつ。
裏のゲンガーにつなぐ。

ハガネZのおかげでミミッキュにも対面から勝てる可能性がある。



◯ゲンガー@メガ石
性格:おくびょう

特性:呪われボディ→かげふみ

技:たたりめ/ヘドロ爆弾/きあいだま/催眠術

実数値:136(4)-×-100-222(252)-115-200(252)

調整:CSぶっぱ、余りH


この構築のエース。合法催眠と当たるきあいだまで相手を2匹持っていくのが仕事。

なぜが調整ミスでHに振ってしまっているのはご愛嬌。



性格:おくびょう

特性:マジックミラー


実数値:131(4)-×-65-187(252)-115-189(252)

調整:CSぶっぱ、余りH


この構築の始動要員②
相手に起点作りがいたらレアコイルではなくこちらから出す。



オーダイル@いのちのたま
性格:ようき


技:アクアブレイク/じしん/冷凍パンチ/りゅうのまい

実数値:167(52)-157(252)-121(4)-×-104(4)-135(196)

調整:Aぶっぱ、S最速70属抜き、H余り、BD端数


最後のスイーパー役。タイマンなら割と勝てる相手も多い。



・あとがき
コンセクトパの割にはそこそこ勝てると思うので是非使って見てください!




【S7使用構築】変幻自在リザハッサム【最高/最終2012】

・前書き

みなさんこんにちは、のーこむんです。S7お疲れ様でした。初シーズンで2000というラインを越えられたので記念に記事にしました。参考になれば幸いです。





・構築経緯

f:id:nokonoko-apollo-11:20180123183805p:plain

シーズン終了3日前くらいまでミミロップを使っていたが15まで落としたので急遽パーティを変更することに決めた。


ここまで落としたならせっかくなら使いたかったポケモンを使おうということでメガハッサムを軸にすることにした。


次にハッサムが呼ぶ炎に対抗できサイクルを回せるランドロステッカグヤに体制を持ちつつ優秀な体制を持つ霊獣ボルトロスを採用。


次に環境メタとして多かった顎ギャラへの切り替えし用にABミミッキュを、カバマンダ対策にゲッコウガを採用。


最後に強力な炎打点が欲しいと思ったのでリザYを採用。


この結果、対面・サイクルの2つの顔を持つパーティが完成した。




・個別紹介

f:id:nokonoko-apollo-11:20180123183825j:plain

性格:いじっぱり


特性:テクニシャン

技:バレットパンチ/とんぼがえり/羽休め/剣の舞

実数値(メガ後):165(156)-222(252)-170(76)-×-121(4)-98(20)

調整:Aぶっぱ、HB陽気マンダの捨て身耐え、S同族意識


この構築の始まり。かっこいい。イケメン。

調整はアーゴヨンを舞バレットで倒すためにAぶっぱ。グロスを余裕を持って受け、さらにマンダにある程度強くするため上記のようになった。

技は悩んだが環境に多いグロスを意識した結果、上記のような構成となった。

環境トップメタのミミッキュに強くフィニッシャー性能も高いため出した試合は活躍してくれた。

しかし炎と対面するとパーティが壊滅するため立ち回りには細心の注意が必要だと感じた。



f:id:nokonoko-apollo-11:20180123183842j:plain

性格:おくびょう

特性:もうか→ひでり

技:かえんほうしゃ/オーバーヒート/ソーラービーム/じしん

実数値(メガ後):153-111-98-211(252)-136(4)-167(252)

調整:CSぶっぱ、あまりD

火力の権化。かっこいい(2回目)。色リザなのだがQRで潜っていたため残念ながら披露することはなかった。

技は命中安定のかえんほうしゃ、火力重視のオーバーヒート、水タイプに撃つソーラービーム、そして呼ぶドランやウツロに刺さるじしんとした。

ガルーラや耐久振りテテフ、ミミッキュを上から潰すため最速とした。

オーバーヒートのCダウンは、裏にABミミッキュや襷ゲッコがいるため全く気にならなかった。この子が初手で1匹持っていけたら大体その試合は勝てた気がする。

よく同速対決に負けていたが2000チャレで勝ったため全てを許した。



◯霊獣ボルトロス@マゴの実

f:id:nokonoko-apollo-11:20180123183907p:plain

性格:ひかえめ

特性:ちくでん

技:ボルトチェンジ/めざめるパワー(氷)/くさむすび/ちょうはつ

実数値:184(236)-×-92(102)-187(36)-117(132)-123(12)

調整:HBラグの雨滝登り耐え、HD臆病霊ボルトのめざパ2耐え、S準速ガッサ抜き、C余り

クッション要員その①。色んな攻撃を耐えてサイクルを回せる神ポケモン
調整はどこかの記事を参考にしました。(すいません、忘れてしまいました)

技はサイクルを回すためのボルチェン、通りの良いめざ氷、展開阻止のために挑発は確定でもうひと枠は色々変えていたが最後は今期増えた雨パに刺さるくさむすびとした。

とても使いやすかったがテッカグヤドヒドイデ対面で居座れないのが不便だったので、草結びを10万に変えるのもいいかもしれない。

クッションとしての性能は4倍弱点を突かれないためランドより高いと感じた。




◯霊獣ランドロス@イアの実

f:id:nokonoko-apollo-11:20180123184016p:plain

性格:しんちょう

特性:いかく

技:じしん/とんぼがえり/岩石封じ/ステルスロック

実数値:195(244)-×-165-112(12)-146(252)-111

調整:H奇数ぶっぱ、Dぶっぱ、Bあまり

クッション要員その②。テンプレ慎重ランドロス。主に初手に来るリザードンYやコケコを見るために採用。

クッション性能は非常に高いがマンダやギャラに起点にされやすいので扱いに気をつけなければならず選出率は低めだった。

だがそこそこの耐久で随所で渋い活躍わしてくれた。




f:id:nokonoko-apollo-11:20180123184033j:plain

性格:いじっぱり

特性:ばけのかわ

技:じゃれつく/かげうち/のろい/剣の舞

実数値:151(164)-140(140)-125(196)-×-126(4)-117(4)

調整はティアさんのものを使わせてもらいました。http://tiapoke.hatenablog.com/entry/2017/08/09/070000


リザX、バシャ、メガギャラ、メガガルへの切り返し役として採用したため持ち物はミミッキュZとした。

また相手の分身バトンや展開構築のストッパーとしても使える万能ポケモン

ミミッキュZは火力が半端ないためあまり火力に割いてないにもかかわらず物理受けも強引に突破していくこともあった。

7世代最強ポケモンということだけあって出した試合では必ず活躍してくれた。

ミミッキュ最強!!!



ゲッコウガ@たすき

f:id:nokonoko-apollo-11:20180123184046j:plain

性格:むじゃき


技:水手裏剣/れいとうビーム/めざめるパワー(炎)/ダストシュート

実数値:147-116(4)-87-155(252)-81-191(252)

調整:CSぶっぱ、Aあまり


この構築のマンダ軸に対する解答。技は優秀な先制技の水手裏剣、マンダやカバに撃つれいとうビーム、マンダ軸によくいるナットを倒すめざ炎、初手に呼ぶテテフを倒すためにダストシュートとした。

努力値はAに降らなくても無振りテテフは落とせるため、慎重マンダ、ランド意識でCにぶっぱした。
ちなみにこのAレヒレの半分回復実を発動させないぐらいになる(たまたま)。

ダストの枠を岩石封じにしたりもしてたがあんまり強くなかった。

最近は水Zが流行っていたせいか襷が警戒されないことが多々あった。

またギャラと対面することが非常に多かったため、めざ電にするのも一考。




・基本選出
基本選出は主に2通り

①対面選出
ゲッコ+リザY+ミミッキュ


②サイクル選出
ハッサム+クッション役(ボルトorランド)+行動保証(ミミッキュorゲッコ)




・動かし方の具体例
VSカバマンダ
対面選出をする。この構築にはカバマンダはほぼ確実に出て来る。相手は初手にゲッコに強いポケモンを投げて来るのでそれに強いポケモンをなげて削りを入れて、相手のポケモンをゲッコの圏内に入れれば勝ち、出来なければ負け。


VS顎ギャラ
99%顎ギャラがでてくる。サイクル選出をしていく。ギャラをうまくメガ進化させてミミッキュハッサムで切り替えしていく。


VSグロスリザ
サイクル選出。リザが来た時はランドやミミッキュで、グロスが来た時はハッサムで対応。


VSテテフ軸
テテフはほぼ初手にでてくる。対面選出。メガネの香りがしたらリザYを初手にだしオバヒで燃やす。タスキ、スカーフだと思ったらゲッコでダストをあてる。うまく3:2の状態を作れば勝てる。


VSガルーラ軸
対面選出。出し負けしないことが全て。ガルーラをリザYのオバヒやミミッキュのZで処理するのが鍵。


サイクル選出。ボルトの挑発、ボルチェンで麻痺にならないように回していく。あとはポケモンたちの自覚次第。


VSゲンガー軸
サイクル選出。ボルトランドでうまく回す。


臨機応変に選出を変えていく。手裏剣やバレット、かげうちなどの優先度の暴力でバシャを削る。




・きつい相手(構築)
対面で確実に勝てるのがミミッキュしかいない。型が多すぎて選出が歪ませられる。
岩封、めざ炎は降参。


◯鬼羽リザX
おにびをかわさないと厳しい。ゲッコで頑張って削ってなんとかする。


1匹は確実に持ってかれる。
大体初手に来るのでゲッコウガを合わせて早起きすることを祈ってた。


メガ枠2匹が手も足も出ない。ランドでステロを巻いて削りを入れていく。スカーフは降参レベル。


展開されたら止められないので頑張る。


◯ブルルドラン
ドランの処理をじしん頼みにしているせいで基本的に崩せない。リザYで交換読みを当てまくればなんとかなるが厳しい。


ドヒドイデ入りの受け構築
ボルトの挑発をうまく当てて崩すしかない。ブルルドヒドは崩せないので出てこないことをひたすら祈る。




・後書き
構築が完成したのが最終日3日前の急増パーティにしては良い勝率ではないかなと思います。

f:id:nokonoko-apollo-11:20180123184128j:plain


2000になって燃え尽きてしまったのが少し心残りですがUSM初シーズンである程度の結果が残せたので満足はしています。

このパーティはサブロム用にQR化してあるので使いたい人がいるなら公開したいと思うのでDMください。

来シーズンはあまり時間が取れないですが合間を縫って潜っていけたらなと思っています。



ここまで構築記事を読んでくださった皆様ありがとうございます^ ^


そして最後になりますが、S7対戦してくれた方、ありがとうございました!


次のシーズンも頑張りましょう٩( 'ω' )و


※TN Barnette☀︎AGで潜ってました。

f:id:nokonoko-apollo-11:20180123184401p:plain



質問などあればTwitter @nokomu6_poke

までお願いします。


【S5使用構築】可愛い膝芸人に龍を添えて【最高/最終2002】

・前書き

こんにちは、のこむと申します。S5でようやく解禁された嫁ポケのミミロップでレート2000を達成することが出来たのでその構築を紹介します。参考になれば幸いです^ ^




・構築経緯(ミミロップ考察)

f:id:nokonoko-apollo-11:20170912150052p:plain

まずミミロップを活かすにはどうすればいいのかというところから構築スタート

6世代の頃の最大の役割対象であったガブガルゲンが減った今、ミミロップというポケモンの刺さりは明らかに悪くなっていると思われる。

ミミッキュ、マンダ、バシャといった天敵がレート上位を占めている今環境では、ミミロップの立ち位置は非常に厳しいものがある。

昔のように物理受けの対策だけすればミミロップが通るといった状況でないことは確かである。

そこでもう1つのメガ枠として選出誘導力の高いメガボーマンダを採用することを決めた。

マンダが苦手なゲッコウガマンムーといった高速アタッカーに軒並みミミロップが強く、またミミロップが苦手なバシャーモなどにマンダが強いためお互いの苦手なアタッカーを牽制することができる。

よって両者を止めに来る物理受けの対策を施せば、従来通りにミミロップを活かすことができるのではないかと考えた。

今回の構築では物理受け対策として、水Zレヒレと剣舞球ガルドを採用。

次に流行りのカグヤ、マンダ対策としてヒートロトム。高速アタッカーを活かすためにステロの撒ける襷ガブを採用して構築が完成した。




・個別紹介

f:id:nokonoko-apollo-11:20170912150451p:plain

性格:ようき


技:ねこだまし/恩返し/飛び膝蹴り/冷凍パンチ(みがわり)

実数値:141(4)-188(252)-114-×-116-205(252)

調整:ASぶっぱ、余りH


嫁ポケ、かわいい。左上に置くだけでモチベが上がる。闘志あふれるマスコット兼膝芸人。

高速アタッカーとしての運用なので調整はこれで確定。技は1850まではみがわりを採用していたがガルド対面以外で生きる場面が少なく、範囲の取れる冷凍パンチに変更した。

マンダの苦手なマンムーゲッコウガ左上で牽制するのが主なお仕事。

火力不足が否めないため、マンダやバシャの起点になり後続に負荷がかかるので、刺さってる構築以外には極力出さないようにした。

膝は当てれば強かった。外しても可愛いから許せるからOK٩( 'ω' )و

どうでもいいかもしれませんがミミロップは通常色派です。皆さんはどうですか?



ボーマンダ@メガ石

f:id:nokonoko-apollo-11:20170912150526j:plain

性格:いじっぱり

技:恩返し/りゅうのまい/羽休め/身代わり

実数値:197(212)-188(52)-151(4)--111(4)-170(236)

調整:A無振りミミッキュ確定1発、S最速ガブ抜き、H余り、BD端数


前期流行った身代わりマンダ。ミミッキュを確定で落としたいためメガ前のDL対策を捨てることになったが特に問題はなかったと思う。

起点にできる範囲が広く非常に強かった。

圧倒的な選出圧力があり、この構築に非常にあっていたと思う。



f:id:nokonoko-apollo-11:20170912150609p:plain

性格:ひかえめ

技:ハイドロポンプ/ムーンフォース/自然の怒り/ちょうはつ

実数値:157(92)-×-136(4)-161(252)-151(4)-125(156)

調整:Cぶっぱ、S最速カグヤ抜き、H余り、BD端数


メガ枠が苦手な物理受けを破壊するお仕事。主にカバルドン入りに出して、水Zで相手サイクルを崩壊させていく。

技はこれで確定でいいと思う。

瞑想が欲しい場面もあったがこの構築がトリル展開に弱いこともあり、展開阻止に挑発は必須だと感じた。

また挑発を入れることでミミロップの膝択を無くしたり、マンダの起点を作れるという利点もあった。

受けルに強い点もgood!



ヒートロトム@オボン

f:id:nokonoko-apollo-11:20170912150635j:plain

性格:ひかえめ

技:ほうでん/ボルトチェンジ/めざめるパワー(氷)/オーバーヒート

実数値:138(100)-×-127-172(252)-128(4)-125(148)

調整:Cぶっぱ、S最速カグヤ抜き、H余り偶数、D端数

流行りのカグヤ対策。またマンダに受け出しする駒。

ほうでんはPP枯らしにくる身代わりマンダを麻痺で分からせるため採用したが火力が足りないため諸説ある。

持ち物は炎Zが良い場面もあったがレヒレと同時選出することも多かったので受け出し回数を稼げるオボンとした。

オボンにすることで火力の低いランドの岩封を二回耐えることができるため合法的に居座れる点も良かった。



ギルガルド@いのちのたま

f:id:nokonoko-apollo-11:20170912150649p:plain

性格:いじっぱり

技:つるぎのまい/せいなるつるぎ/シャドークロー/かげうち

実数値:159(188)-222(252)-171(4)-×-172(12)-87(52)
※Aはブレード、BDはシールドの時のもの

調整:H16n-1、Aぶっぱ、DL対策にB<D、S余り


このポケモンがいないと構築が組めないまである相棒枠。メガ枠が苦手なグロス、クレセ、テテフの相手をする。

かげうちの火力が欲しいため今回は球での採用となった。

隙をみて舞ってサイクル崩壊、および全抜きを狙っていく。物理受けも舞って無理やり突破する。

ステロ+剣舞かげうちでほとんどのリザを倒せるのでかなり全抜き性能が高い。

またミミロップミミッキュと対面した時の引き先になることもできる。皮のない無振りミミッキュならミミロップの猫恩返しで縛れ、またガルドのかげうちでも倒せるためこの二匹で相手ができる。ABは無理なので諦めましょう。

球のためスリップダメでゴリゴリ削れていくので体力管理が非常に難しいのが難点。



f:id:nokonoko-apollo-11:20170912150932p:plain

性格:ようき

技:ステルスロック/じしん/げきりん/岩石封じ

実数値:183-182(252)-116(4)-×-105-169(252)

調整:ASぶっぱ、余りB


ステロを撒いて高速アタッカーのサポートをする。

カバやランドではなくガブを採用した理由は、Sが高いためステロ展開を阻害されにくい点が他より優れていたためである。

またタスキによるストッパー性能も役に立つ場面が多かった。

使用率は減っているがやはり優秀なポケモンであることは間違いない。




・基本選出
基本選出は特にないが
メガ枠(ミミロップorマンダ)
物理受け対策(レヒレorガルド)
α
のパターンが多かった。



・きつい相手(構築)
一撃で倒せるポケモンミミロップしかいないのでパーティが半壊する。択を制そう。

皮剥いだ後もガルドの影撃ちとかマンダの恩返しを耐えたりするのできつい。読み間違えると試合が終わる。

◯サンダー
型を読み間違えるとパーティが半壊する。ガルドかヒトムで頑張る。

◯スカーフテテフ
ガルドが消耗するときつい、テテフ見たら極力マンダガルドを出すようにしていた。

◯受けル
崩せないこともないが時間がかかる。剣舞ガルドとレヒレでちまちま削っていた。




・後書き
ミミロップでどうしても結果を残したかったのでレート2000という1つの結果を残せて非常に嬉しかったです。

時間がなくて2100を目指せなかったのは悔しいがそれはまた次の機会の目標とします。

この記事を読んでミミロップに興味を持ってくださった方がいれば非常に嬉しいです。

諸事情でS6は時間がとれないためSMでの構築記事はこれで最後になります。

今まで構築記事を読んでくださった皆様ありがとうございます^ ^


そして最後になりますが、S5対戦してくれた方、ありがとうございました!

またウルトラSMで会いましょう٩( 'ω' )و


質問などあればTwitter @nokomu6_poke

までお願いします。


f:id:nokonoko-apollo-11:20170912151421j:plain

※最高最終2002








【S4使用構築】トリルバトンコントロール 【最高2016/最終1982】

・前書き

こんにちは、のこむと申します。S4ではS2ぶりにレート2000を達成することができました!今回はその時使っていたパーティの紹介です。




・構築経緯

f:id:nokonoko-apollo-11:20170718171048p:plain

使ってみたかったメガカメックスを使おうというのがスタート。まずカメックスと相性補完が完璧な慎重グライオンと、カメの中途半端なSを活かすためにトリルが使えるポリゴン2 を採用。

メガカメックスは止まるポケモンも多いので別のトリルエースも欲しいと考え、攻めの相性補完を考えてカプブルルとギルガルドを採用。

最後にバトンでS操作できたら上からも下からも殴れるし強くね!??ということでメガバシャーモを添えて構築完成。





・個別紹介
カメックス@メガ石

f:id:nokonoko-apollo-11:20170718171150j:plain

性格:ひかえめ


技:みずのはどう/れいとうビーム/波動弾/アクアジェット

実数値:185(244)-110-141(4)-205(252)-135-99(4)

調整:H奇数ぶっぱ、Cぶっぱ、あまりBS

第一のトリルエース。範囲がとても優秀。タイマン性能も高い。何と言っても使いやすい。

技は他に必要だと感じるものもなかったのでこれでいいと思う。龍波よりレイビ派です。

流行りのカバマンダに強い。これだけで今シーズン刺さっていたと言えるのではないだろうか。

低速高耐久なポケモンに軒並み強いのも良い。

しかしカバマンダやバシャの流行に伴い増加したレヒレ、アシレに全く打点がないのが厳しかった。

またミミッキュを一撃で落とせないため、起点となってしまうのも難点。

選出率同率4位




グライオン@毒毒玉

f:id:nokonoko-apollo-11:20170718171220p:plain

性格:しんちょう

技:じしん/どくどく/まもる/身代わり

実数値:179(228)-116(4)-152(52)-×-135(220)-116(4)

調整:HDガルドのゴーストZ耐え、Bなるべく多く、あまりAS

ガルドのZを耐える有名な型。

メガカメックスと相性補完が良いということで採用したが、身代わり持ちが多すぎたため怖くて選出できず、ほぼ見せポケと化していた。

しかし選出誘導能力が非常に高く、出さなくても相手の選出を歪めることが出来ていた。

出した試合では素晴らしい活躍を見せてくれたのでもう少し選出してあげても良かったと思う。

選出率6位




ポリゴン2 @奇石

f:id:nokonoko-apollo-11:20170718171235j:plain

性格:ひかえめ


実数値:191(244)-×-112(12)-172(252)-115-80

調整:H奇数ぶっぱ、Cぶっぱ、あまりBD

この構築の核。ほぼ全ての試合で選出していた。トリルして相手を削るお仕事をする。

技構成は削り優先なので範囲をとって上のような構成になった。

耐久に振ってないがH振りだけでも素バシャの膝くらいまでだったら耐えるバケモノなので問題ない。

トリル役としては耐久、火力のバランスを考えるとNo.1であると思っている。起点にならないのがgood。

挑発をうちに来たポケモンにも、高火力技でわからせることができる、強い。

DLでCが上がればこいつで2体以上持ってくことも多々あった。C↑シャドボでミミッキュを持っていけるのが何より偉い。

また全ての攻撃技に追加効果があるため運勝ちも呼び込んでくれた。


選出率は圧倒的1位。




◯カプブルル@イワZ

f:id:nokonoko-apollo-11:20170718171256j:plain

性格:いじっぱり


実数値:175(236)-200(252)-135-×-115-98(20)

調整:H16n-1、Aぶっぱ、S1加速バトンで最速ギャラ抜き

メガカメックスとも相性補完バッチリな第二のトリルエース。メガバシャとの相性もバッチリでバトンの受け先としてもとても優秀。

2人のメガ枠が苦手とする水妖軍団の相手を一手に担うイケメンな活躍をしてくれた。特にレヒレ対面でメガバシャで守る→バトンからプルルを出す動きは相手に大きな負荷をかけられ非常に強かった。

持ち物にイワZを持たせることで受けに来るボーマンダリザードンを粉砕できるので鋼以外では止まらない点も強み。(マンダは受けにきたところにぶち当てないと確1がとれない)

メガバシャのバトンと組み合わせることで多くのパーティを崩すことができた。

またメガカメックスとほぼSが同じなため相手のSラインの確認も出来るのもgood。

2000チャレでスイクンの零度を避けてくれたのでMVPをあげたい。

選出率3位




ギルガルド@ゴーストZ

f:id:nokonoko-apollo-11:20170718171518p:plain

性格:いじっぱり

技:つるぎのまい/アイアンヘッド/シャドークロー/かげうち

実数値:167(252)-217(220)-170-×-170-85(36)

調整:Hぶっぱ、S 4振りバンギ抜き抜き抜き、余りA

個人的に最も信頼しているポケモン。パーティの隠れたトリルエース。このポケモンのトリル運用こそが今構築の地雷要素。

トリル展開時に繰り出し、剣舞を積むことで圧倒的な抜き性能を誇る兵器と化すことができる。

Z技の火力の凄まじさに加え、アイへで怯みも狙える。技範囲も申し分ない。その制圧力は砂下のドリュウズを彷彿とさせる。

他のトリルエースと違いトリルが切れた後も高火力のかげうちで相手に負荷をかけられるのが非常に強い。

弱点としては、守るでターンを稼がれるも厳しい点とミミッキュで止まる点。

しかしこの運用法でかなりの活躍を見せてくれた。

またタイマン性能が非常に高いポケモンなので普通に使用することも多々あり、最後の抜きエースとしても非常に優秀な万能ポケモン

選出率2位




バシャーモ@メガ石

f:id:nokonoko-apollo-11:20170718171629j:plain

性格:ようき

技:フレアドライブ/とびひざげり/バトンタッチ/まもる

実数値:155-212(252)-100-×-101(4)-167(252)

調整:ASぶっぱ、DL対策で余りD

今シーズンから解禁されたメガバシャ。同族意識で最速にした。

役割は先発からの削り及びバトンでのS操作、また後半の抜きエースとしての運用。

火力おばけで陽気でも色んな相手を確1で持ってけるので選出誘導能力が高く選出が格段に読みやすくなる。

また不利対面を作ってもバトンで、S操作をしつつ有利対面を作れる点がこの構築に非常にマッチしていた。

やっぱりバシャは強い。

飛び膝をほとんど外さないとても優秀な子だった。

選出率同率4位



・基本選出
ポリゴン2 +メガ枠+トリルエース(Z枠)
メガとZは極力同時選出しないように心がけた。



・苦手な相手(構築)
不利対面を作られるとほぼ負ける。受け切れないため、対面バシャで殴り殺すかトリルして裏で倒すかしかない。ステロが恋しい。裏にZミミッキュ置かれるとほぼ負ける。

剣舞型もきついが呪いみがわり型で半壊させられる。こちらもバシャで倒すかトリルするしかない。

先にトリル展開しないと厳しい。
格闘Zでポリ2 飛ばされると負け。

◯最速毒ガルド
上から叩けるのがバシャしかいないので厳しい。不利対面を作ると半壊する。

◯受けル
剣舞ガルドで頑張るしかない、しんどい




・後書き
もう少し煮詰められた構築だったと感じた。最終日にグライオンを襷ドリュにすればキツイポケモンがマシになると思ったが実践する時間がなかったので試してみる価値があるかもしれない。

このパーティは命中不安技が少なく、また技の追加効果で運勝ちも拾いやすいためストレスフリーなポケモンをしたい方にぜひおすすめしたい。


今期は久々に2000を達成できて嬉しい反面、もっと上を目指せたという悔しさもあるので次のシーズンは2100を目指していきたいと思う。

最後になりますが、S4対戦してくれた方、ありがとうございました!

質問などあればTwitter @nokomu6_poke

までお願いします。

f:id:nokonoko-apollo-11:20170718171726j:plain

※サブロムです。TN ミセル



ゴーストZラティアス

こんにちは、のこむと申します。


S3で使用していたラティアスの紹介です。2000超えたらパーティごと紹介するつもりだったのですが1900止まりとなってしまったので単体考察です。この型自体はとても強いと思うので参考になれば幸いです!

f:id:nokonoko-apollo-11:20170516181330j:plain


・構成
ラティアス@ゴーストZ
159(28)-×-111(4)-160(236)-155(36)-171(204)
技:サイコキネシス/シャドーボール/めいそう/羽休め

・調整先
H:16n-1
B:余り
C:ゴーストZで無振りテテフを最高乱数切り1発、1瞑想ゴーストZでH252ギルガルド確定1発
D:カプテテフのC補正ムーンフォース耐え
S:最速ウツロイド抜き

・調整経緯
前シーズンでラティアスを使用した際にギルガルドを無限にあと投げされたり、カプテテフと対面し無残に吹き飛ばされたためこの両方に勝てる可能性の高いゴーストZに着目したところからスタート。テテフのムーンフォースを耐えるためには多少耐久に振る必要があったが、火力も落とせなかったためSを削った結果この様な型になった。


・使用感
本来苦手なカプテテフに対面から勝てるのが非常に強い。スカーフムンフォでCを下げられるか耐久振りの眼鏡以外には勝てるため対テテフ性能は非常に高いと言える。またラティアスを後出しギルガルドメタグロスで見ているパーティには瞑想を積む事でeasy winが可能になる。また今期増えたリザYやコケコを起点にすることが可能である。ブルルドヒドイデにも強い点もgood。ただ龍技を切っているためマンダに起点にされる可能性があるので注意が必要である。本来不利なポケモンに勝てることと瞑想型の積ませ性能によって素晴らしい活躍をしてくれた。ラティアスというポケモンは非常に有利不利がはっきりしているポケモンなので不意をつけるこの型は非常に強いと感じた。パーティさえ良ければ十分に2000に行けると思う。


・主な苦手な相手
有効打もなくおいうちされるので相手にいたら極力出さない方が良い

◯メガハッサム
何もできません。サイクル回されて不利を取るので選出しないのが吉

皮さえなければゴーストZで勝てるがほぼ無理

悪波があったり、玉持ってたら瞑想が間に合わないので無理。

無限に竜舞されるので逃げましょう

無限に蝶舞されるので逃げましょう


・あとがたり
とても型には自信があったのですがパーティ構築力がなくて2000に乗せて上げられなかったのが心残りです。ですがとても面白いポケモンだと思うので参考になれば幸いです。



弱保ラティアス

こんにちは、のこむと申します。

S2の時に最高1980を達成した時に使っていたラティアスですが時代について行けなくなったのでメモがわりに公開しようと思います。

f:id:nokonoko-apollo-11:20170405172448p:plain




・詳細

ラティアス@弱点保険

175(156)-×-110-143(100)-150-178(252)

技:サイコキネシス/れいとうビーム/10万ボルト/羽休め

調整先は

Sは準速マンダを抜きたかったため最速

Bはいじマンダの捨て身を確定耐え、1舞ギャラの氷の牙確定耐え

Cは無振りバシャーモを確定1発、弱点保険発動後にカプコケコを確定1発

Dはテテフのムンフォを確定耐え

とした。

このように振るとちょうどHが16n-1になりとても見栄えが良くなる。

技は安定した打点としてのサイコキネシスランドロスガブリアスなどへの遂行技のれいとうビーム、レヒレとギャラへの打点として10万ボルト、タイマン性能を上げるための羽休めとした。一時期ウルガモスが増えた時に起点回避の為にキネシスをショックに変えていたこともあったがコケコが弱点保険が発動しても落とせなくなってしまうのでキネシスに戻した。




・主な対面と行動

vs.レボルト、サンダー

めざパを吸うために積極的にあと投げ

れいとうビームでわからせる

vs.メガボーマンダ

役割対象なのでれいとうビーム。最速流星もちは知りません。

vs.ランドロス

スカーフ以外なら上かられいとうビームで処理。スカーフでも蜻蛉しか打たれないので弱保発動から後続へ負荷をかけられるため美味しい。

vs.ゲッコウガ

初手対面でよく起こる。悪波もちが少なかったのでドヤ顔でサイコキネシスを打っていた。9割くらい成功した。

vs.カプコケコ

役割対象です。弱保サイキネで分からせます。フェアリーZは事故です。

vs.カプレヒレ

ムンフォでCダウンを引かないことを祈りつつ10万ボルト。Cダウンを引きまくって何度も涙した。

vs.メガギャラ

2舞されなければ勝てる。たまにメガ進化してこない場合があり美味しい。噛み砕くは知りません。

vs.メガゲンガー

シャドボを耐えてサイキネで返り討ち。催眠術は避けましょう。

vs.ミミッキュギルガルド

諦めましょう




・総評

シーズン序盤は読まれないこともあって大活躍したが、テテフやミミッキュの増加やそれに伴う鋼の増加、かみくだくギャラの増加などにより後半は完全にお荷物となってしまった。もう少し活躍させてあげたかった....

次こそ目指せラティアス入り2000!